• 遺品整理と廃品回収

    廃品回収車と多く知られていない遺品整理

    遺品整理と廃品回収を知っていますか。廃品回収は多くの人が知っていますよね。 ですが、遺品整理はどうでしょうか。あまり業者が行うというイメージはないでしょう。多くは、スピーカーなどで「廃品回収車」と謳っている事が多いです。インターネット上で検索すれば、多くの業者が検索欄に出てきます。家のポストのチラシで目にしたり、電話帳にも提示されています。 拡声器を利用した廃品回収車が回っていることを不快に思う人も多いでしょう。

    苦情の内容は、とても様々で、赤ちゃんが泣き出した、昼寝の邪魔、犬の遠吠え、 といった近所迷惑や自分の生活を乱す影響を与えている事も実態です。ですが、廃品回収車を 利用する人は、個人で処分出来ない粗大ゴミや、家電のリサイクルといった処分に、 手間がかかりとても面倒になってしまうのです。私も実際に廃品回収を利用した事があります。 軽トラとチラシの二種の不用品回収業者を利用しました。 それは引越しをした際に、費用をかけて処分しなければならないと思っていた物を、 購入したり無料での回収を行ってくれたという経験があります。

    そのような不用品回収業者を利用し、分かったのは軽トラで回る業者とチラシの業者は、 同様の不用品を出したとしても、料金が異なる事が分かりました。知人が、遺品整理と 廃品回収の不用品回収業者で働いているのですが、様々な経験を聞く事が出来たのですが、 話しを聞いてみると、案外面白くどのような作業になっているのかと、多少ですが興味を 持ちました。

    遺品整理と廃品回収
メインコンテンツ

不用品

 

そして、転勤などで引越しをするお宅から不用品が出たと言われた際に、 人手が足りずに手伝いに言ったのですが、処分する不用品の中に、有名ブランドの 腕時計が2個と、まだ新品の液晶テレビが2台、冷蔵庫や洗濯機、エアコン、スクーター、 自作のPCなどがあったので、「こちらで買取ましょうか」と提示したところ 「ほしいのであれば持って帰って結構です」と言われたので、持って帰った事もあります。


ですが、私が手伝いをした不用品回収業者は、あまり大きな声では言えませんが、 リサイクル法に反した不用品業者であることをその後に知人からの話しで知ったのちに、 私はその業者に手伝いに行く事は、やめました。その業者が今でもあるのかは分かりませんが、 こういった事があってから、私はきちんと費用をかけて自分が愛用していた物を 処分するように決めています。違法な行為をしてまで物を捨てよう、というのも考え方次第ですが、 私にとっては理解できない部分なのです。誰もが納得はしないと思いますが、違法行為はともかくよくありません。