• 回収する際には発生する費用は大体の相場が決まっている

    不用品回収費用の相場について、ご説明いたします。各自治体の粗大ゴミセンターのHPを 見てみると、不用品それぞれに処分費用がかかれていることがあります。粗大ゴミセンターの 主流となっている粗大ゴミの手数料を例として、主流となっている物をいくつかあげてみると、 このような料金設定になっています。扇風機(300円)、掃除機(300円)、ガスコンロ(300円)、 電子レンジ(300円)、布団(300円)、ソファー(600円)、シングルベッド(900円)、 ベッドマット(900円)、ソファー(1,600円)、ダブルベッド(1,600円)といった風になっています。

    このような料金設定をご覧になれば分かるように、処分費用が高額となっていることが 理解して頂けたと思います。更に、家電品が入っていることに驚く人も多いと思います。 PCリサイクルマークがついているPCとエアコン、TV、冷蔵庫、洗濯機といった特定の 4種目以外であれば、家電のリサイクル法の対象外になるので、粗大ゴミとして出すことが 可能となっているのです。不用品の回収は、各自治体のみでなく、民間の業者でも 行われていることを覚えておいてください。

    民間による不用品の回収業者は、今から述べるケースの際に活用する事が可能となっています。 最初に、部屋の荷物を丸ごと処分したい場合。粗大ゴミが重たく玄関先まで運ぶことが 出来ない時。このような際に、自治体の粗大ゴミの収集センターでは、そういった品目ごとに、 費用の設定がされているので、少量であればリーズナブルな処分が可能となっていますが、 不用品が多くなってしまった時には、少し高値がついてしまうことがあるのです。

    回収費用の相場
    回収費用の相場
メインコンテンツ

基本料金


民間の不用品回収業者に依頼した際の見積もり方法は、「重量」、「立米」、「車両」の3つに 分類されています。重量を計算するのは、処分する物の総重量での見積もり方法。 そして、立米というのは、体積での見積もり方法となっていて、車両計算は、 トラックのサイズによる見積もりの方法となっています。そのほかにも基本料金の オプションとして設定された料金なども発生してしまいます。なので、最初の見積もりより 大幅に変わることもあることを覚えておきましょう。


このような点をきちんと説明しない業者も中には存在しているので、見積もりを行う 際には、 きちんとした確認が必要になることを覚えておいてください。 そして、作業費用や処 分費用などと言い訳をつけて、高額な料金がかかってしまうのであれば、 その業者との取引はやめ たほうがいいでしょう。業者を選ぶ時も追加料金がそれ以上発生しない最終料金をしっかりだしてもらった上で 比較する必要があります。最後の最後でとんでもない料金になってしまうことも残念ながらたくさんあるので、事前の打ち合わせが非常に大事です。